短小くんの欧米風ペニス増大方法

プロソリューションで、ペニスも性格も生まれ変わる

サイトメニュー

何てこと無い包茎手術

包茎で悩む人にとって、手術は唯一の希望です。
しかしここで考えてしまうのが、こんなところを手術で切るなんて、痛みがものすごいのではないか、ということでしょう。
この点で手術に二の足を踏んでしまう人も、実は多いのではないでしょうか。
ところがこの心配は、最近ではまったく無用なのです。
もちろん手術中は麻酔をかけますので、痛みは一切ありません。
親知らずを抜く時も麻酔をかけますよね。
あれと同じで、痛みどころか触られている感覚もよくわからないほどです。
万が一麻酔が効きにくい体質の患者の場合は、全身麻酔に切り替えてくれますので、いざやってみたけど痛かった、というようなことはありません。
最近の包茎手術は、技術や麻酔の進歩によって非常に簡素化されています。
麻酔は局部麻酔のみなので、なんと日帰り手術も可能です。
下半身はカーテンで仕切られて見えないことがほとんどですので、怖がりな人も安心です。
やはり自分の大事な部分にメスが入れられるのは、見たくないでしょう。
手術の所要時間は、仮性・カントン・真性どの種類の場合であっても、約1時間以内でほぼ終わります。
最近では溶けて吸収される手術用糸を使用しているところが多く、後の抜糸もないケースがほとんどです。
ごく簡単な手術であるため、術後の経過で重大なトラブルが発生するようなこともめったに起こりません。
このように、意外と手軽な手術なのです。
ただ、どんな手術や治療でもそうですが、誰だって麻酔が切れてくると多少の痛みは感じます。
とはいえ、痛みどめなどの薬ももらえますし、排尿なども問題なくできる程度です。
しかも普段何もしていない時に痛むことはほとんどなく、着替えやトイレ、入浴などで刺激が加わると多少痛む場合があります。
痛んだとしても我慢できる範囲内であれば、痛みどめも飲む必要はありません。
術後3,4日目からシャワー浴が可能になります。
この時に手術で巻かれた包帯を自分で外すので緊張するでしょうが、ぬるま湯で十分濡らしながらゆっくりと剥がせば、痛むことはありません。
また、この時から傷口を清潔に保つために石鹸などで患部を洗います。
当然この時も、ゴシゴシこすれば痛いですから、ゆっくりそうっとやるようにしましょう。
このように、手術といっても決して耐え難いほどの痛みが襲ってくることはありません。
痛みにおびえて手術をやめるよりも、少しの痛みを我慢して良い結果を得られるほうがよほどおススメです。