短小くんの欧米風ペニス増大方法

プロソリューションで、ペニスも性格も生まれ変わる

サイトメニュー

亀頭の露出で早漏改善

体の大きさにも違いがあるように、男性器のサイズも個人差がかなりあります。
また、包茎で悩んでいる人も少なくありません。
中には短小包茎という人だって結構いる物です。
では、短小包茎とは一体どういう状態なのでしょうか。
短小とは、まず男性器が通常時も、そして勃起して膨張した時もそれ程大きくならない状態です。
女性の膣の深さは14cmから15cm程度なので、一般的に勃起した男性器として求められるのは15cm程となっています。
しかしそれにも満たない短く小さい状態の男性器、それを短小と呼ぶのです。
また包茎とは、亀頭の部分に包皮が被っている状態の事を言います。
真性・仮性・カントン等に種類は分けられますが、一般的に日本人男性の6割がこのどれかだと言われる事も有る程です。
包茎でない場合は亀頭が露出していつも下着がこすれている状態となるので、それほど刺激に弱い訳ではありません。
しかし包皮が被っていると直接亀頭を刺激する事がないので、性交時等にどうしても刺激に耐えられず、射精してしまう事が多くあります。
自分でコントロールする事ができずにすぐ射精してしまう状態を早漏と呼ぶのです。
女性自身は男性に比べるとどうしても快感を得るのに時間がかかってしまう為、結果的になかなか女性が満足できない状態となってしまいます。
では短小包茎で早漏という状態になっていたら、もうあきらめるしかないのでしょうか。
実はそうではありません。
まず短小に関してですが、サイズアップをする事は可能です。
方法としてはサプリメントの摂取や、手術などです。
また包茎に関しては、包皮口を広げたり、余っている包皮を取り除く等をして改善する事が出来ます。
状態によって改善方法は違いますが、治らない事は有りません。
また短小包茎が改善すると、亀頭が普段から露出している状態となります。
亀頭と下着がこすれる状態になると、女性器に挿入したとしてもその刺激に耐えることができるようになっていくのです。
そして結果的に刺激に耐える事ができなくてすぐに射精してしまわずに、次第に射精までの時間を長くしていけるようになります。
勿論刺激に対しても余裕が出てくるので、射精のタイミング自体を自分でコントロールする事が可能です。
短小包茎と早漏は、それほど関係がないような感じに見える事も有るかもしれませんが、実は密接に関わりあっています。
そして、それを改善する事によって早漏も治り、結果的に自信へとつながって行く事も少なくありません。